私たち、ピアノ講師という職業は
「教育・子育て」とは切り離せないお仕事をさせていただいてます

 

ピアノレッスンをするということは、、、

お預かりした生徒さんを育てていくということ!!

音楽を通して、ピアノの練習を通して、人として幸せな社会生活が

送れるように関わっていくことも大切な仕事だと思っています

ここには、すごーく責任を感じている次第です ( ̄ヘ ̄)

 

で。。。

母としてもちょっと気になるものを発見しました

子育ては、10歳で1度リセットすべき!

 

うん、確かに音楽も10才までを目安に、母子・切磋琢磨して頑張ります

ここまでをしっかりと身に着けておけば、練習においても独り立ちできます

10歳からの子育てで注意すべき10箇条 というものがありましたので

保護者の皆様、→ どうぞこちらをご覧ください

 

私が気になったのは

その5
●子どもをドンドン外に出す。
塾の講師やサッカーのコーチなど、子どもが信頼できる“外の師匠”を見つける。

↑これです

ピアノ教室に通ってもらっている以上、私は外での師匠になります

私も信頼できる・生徒さんも信頼してくれる

そんな関係を築いていかなければいけないのです

学校や家庭で何かあっても、レッスンに来たら話してくれる

そんな関係性が必要

もちろん、深刻な場合は保護者の皆様とも連絡を取り合います

生徒さんが安心して過ごせる環境作りをしてあげたいですね!!

 

安心した心とカラダで音楽を受け止めることができたら

こんなに嬉しいことはないなぁ~

ピアノから出てくる音色もガラリと変化しますから。。

ほんとですよ!!!

極端に言えば、ピアノの音を聴けば、生徒さんの一日の生活状態が

すぐにわかるので、些細な変化を見逃さないよう

レッスンの中でも気をつけます

 

私も生徒さんたちも、ストレスフリーで音楽を楽しみたいと考えております

 

読んでくださった皆様
ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です