楽譜を読む練習はレッスンを始めた瞬間からずーっと続いていきますね
みんな、意識しているかな?

 

A.B.Cを覚えることから始まり、音の配列を覚えて

「次の音、前の音・ステップ」「一つ飛んで次の音、前の音・スキップ」

五線が出てくるといろんなグッズを使って練習を続けます

 

そうそう、今やってるよーーーー。
。o@(^-^)@o。ニコッ♪

って声が聞こえてきそうだな。。。笑

 

その成果で横読み(メロディー読み)はみんな、得意!!

スピードもあるし、リズムもほぼ正確に理解できています

でも、一つだけ腑に落ちないことがありました

バスティンシリーズを終えると、急に読譜のスピードが落ちること

生徒さん自身も、もっと進んでいきたいのに読譜に時間がかかってしまい

思うように進んでいかない・・・ ( ̄_ ̄ i

 

原因は・・
縦読み(和声音程)です

 

横に読むのは得意なのに、縦読みになるとぐっと遅くなる

意を決して作りました!!

waon01

和音カード+コード学習

なんと、、、全部で300枚近くあります

転回形を含め、オーグメント、ディミィニッシュ、セブンスコードまで。

一緒にコードの勉強もできるようになっています

どのように展開していくのか、お楽しみに!!

 

まずは、「和音を読む」ということに慣れましょう

一歩、一歩、進んでいけるように考えたので難しくはないですよっ

waon02-compressor

早速、レッスンで使ってます!!

ここは、まだまだ楽に進んでいけました。笑

 

早い時期から、この練習を取り入れていきたいと思ってます

がんばった、、、私。

 

読んでくださった皆様
ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です