合唱の伴奏、学習発表のピアノパートなど
Tutti教室の生徒さんたち、積極的に頑張っています

 

中学校にもなると、伴奏者がどんな役割を果たすのか、、ということを

理解できるようになります

だからこそ、引き受けることにとーっても悩んでしまうんですよね

勉強もある
部活もる
塾もある

そんな状況のなか、自分にできるのか???
その悩み、わかるよーー。

nayami

経験者として、痛いくらいにわかります

でもね、、悩んでいるよりやっちゃった方がいいかも?

悩み以上のプラスがたくさんあるから!

練習は学校でもたくさんすることになるから大丈夫

やってごらんよ

 

 

練習も、本番も、合唱コンクールも

中学校に上がって、初めての経験でした

無事に本番が終わり、見事金賞に輝いたそうです

やって良かった
とても楽しかった
との報告がありました

でしょ、でしょう??

 

伴奏は弾くこと以外にたくさんの学びがあります

まわりの音(歌)に耳を傾け

みなが気持ち良く歌えるように導いていかなければいけません

聴くことがいつも以上に必要となります

これはお互いにですけどね

聴いて、聴かれながらの練習

 

仲間を思いやり、励ましあい、時には意見がぶつかることもある

これをまとめていくのが、指揮者であり、伴奏者であるのです

この役をやり切るには忍耐が必要、、、忍耐に尽きるといっても過言ではない

 

よくがんばったね

終了時には、この上ない達成感を味わったでしょう

想像通り、大感激でした

Tutti教室のみんなは、伴奏を果たせるチカラを十分に持っています

何も心配せず、思いっきりやって欲しい。。。

困った時はいつでも協力するよ

 

最後に、、

お母さんからのメッセージもご紹介させていただきます

 

先日、中学校の文化祭で合唱が行われました。

〇〇も一番バッターで立派に伴奏を弾いていました。

伴奏やれて楽しかったといっていました。

背中を押していただけたことに感謝ですね。

これで、また一つ階段を昇れたかな?

またまたピアノが楽しくなってきたようです。

ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

One thought on “またまたピアノが楽しくなった? それは嬉しいことだな。

  1. Pingback: 旅立ちの日に 〜 卒園・卒業おめでとうございます!! | 熊本市東区のピアノ教室~ Tutti♪~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です