毎年恒例になりましたが、、、
今年も音楽会、合唱コンクールの季節がやってきました


ピアノを習っている人なら、誰もがやってみたいと思うよね

 

私もこの時期は楽しみでした
自分が得意とするものを学校で披露できる訳ですから
楽しくって仕方ないっっ。

 

昔は
私が小さい頃は、ピアノを習っている子がまだ少なくて
クラスでピアノを弾けるのは自分しかいなかった
とても重宝されることが、嬉しくて嬉しくて・・・
単純だなぁーー

 

可愛かったな・・と呟いてみる。笑

 

 

でも、今は違います
学校でもオーディションなるものが開催される

 

見て下さい、この楽譜

56946

小学校2年生が担当するピアノパート
まあ、練習して弾くことはアリとして、、、
これを3日で仕上げなければいけないのです

 

ピアノの先生であれば、どんなに大変なことかがおわかりでしょう
お母さんも途方に暮れていました

 

しかし!!
本人が「やりたい」と強い意志を持っています
じゃーー、やるしかない
諦める理由はないもんね

 

一回限りのレッスン
ポイントを絞り、みっちり練習しました
ちょっぴり泣き虫で、いつもなら悔しくて涙が出てくるのに
それもないくらいに必死だった
3日が可能に思えたよ

 

きっとできる!!
「できる」と信じて練習しよう

 

諦めない、めげない、ひたすら練習、練習
この情熱は体験した人にしか味わえないもの
熱いなー。
いい経験だなー。

 

無謀とも思える課題ですが、実は学校の先生の愛情だったりして?
と、ふと考えてしまいました

 

そんなことはないか・・・・汗。

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です