2017年度のレッスンが終わります。

熊本地震以降ストップしていた「ピアノ発表会」を開催することができて、

この1年間は、私にとっても生徒さんにとっても充実した一年となりました。

充実していた反面、反省点、改善点もありましたのでこちらでも報告させていただきます!!


 
 

自主練習について

楽典100枚ワーク02

レッスン開始時間の10分前に入室していただき、自主練習の時間を設けていました。

たった5分間の練習や課題プリントでも、積み重ねによってチカラになればという思いから始めたものです。

実施する中で改善点などが見えてきたため、2018年度よりこの取り組みについては変更させていただきたいと思います。

自主練習には、100まいワークが最適でして、毎週の継続によりチカラがつくものだと考えました。

子供の興味ってすごいな・・100まいワークを自ら取り組むパワー!!

もちろん、ワークそのものは生徒さんも楽しみながら取り組んでくれています。

ピアノのためのセオリーが苦手だった生徒さんも、少しずつ取り組むことで苦手克服になるのですよね!!

しかし、、、

小さい生徒さんには自主練習というカタチでは難しかったようです。

自ら、レッスンの道具を用意して自主練習を始める!!

大人が考えれば簡単なことなのですが、子供にはそうもいきません。

事前に「実施すること」を予告していても、いざ当日には違うことをしている、ぼーっと座っている、遊び始める ( ・∇・) といっ感じで行動に移すのが難しいのです。

その結果

私が指示を出したり、準備をさせることで前の生徒さんのレッスン最後「10分」が集中できない時間となってしまったのです。

これでは逆効果・・・、私自身の反省点です。

ワーク等、やはりレッスン時間内に私自身が目の届く範囲で集中的に取り組むことが効果的だと考えました。

そのため、レッスン前に行っていた自主練習タイムはなくすことにします。

ピアノを弾く大切な時間、最後の10分を集中するためにもその方が良いだろうという決断に至りました。

年間42回の貴重なレッスン時間ですので、生徒さんの状況に合わせ、より効果的な内容で取り組んでいきたいと考えています。

レッスン内容も、その時、その場で臨機応変に対応するため、変化していきますことをご了承下さい。

自主練習としては定着できなかったものの、100まいワークそのものは「やるべきこと」として定着しました。

今、積み重ねている最中、、、

忘れかけていることを復習できる教材としては最高のワークだと自負しております(^_^)

何事も繰り返し。

何事も積み重ね。

(ピアノ演奏にも相違ありません。)

継続なしに上達はないので、地道に地道に進んでいきましょうね。

2017年度のレッスンでは、生徒さん皆が大きく成長してくれています。

生徒さんの成長は11月に開催した「Winter your concert Edel」で確信しております。

毎日、毎週子供さんの練習風景を見ている保護者の方にはあまり感じられないかも知れませんが、皆さんしっかりと成長されていますよ。

ピアノ演奏だけではありません。

話し方、座り方(姿勢)、演奏を聴くマナー、全てに成長を感じ、感激した発表会でした。

 
 

2018年度の取り組み

2018年のレッスンでの新しい取り組みとして、夏休みグループレッスンを計画中!!

これはレッスンの一環で行う予定ですので、ワンレッスンとなります(欠席しないでくださいね)

練習曲の弾き合い会、家庭練習についての再認識、お友達との交流を目的に考えています。

どんな場でも、ピアノ演奏を人に聴かせることで集中した練習に繋がり、意識が高まりますのでネッ。

また、違った緊張感を味わっていただきたいと考えております(笑)

これについては、また改めてご案内させていただきますね。

小さかったみんな、、また一つ学年が上がりお兄さん、お姉さんになるのですね!

嬉しさと寂しさでウルウルする。。( ;∀;)

ピアノを通して、皆さんの成長をしっかりとお手伝いさせていただきます。

2018年もコツコツと頑張りましょう!!

 

ピアノを弾くために絶対必要なもの ~ 調号(ちょうごう)について

玉ひもを使うと、いい指のカタチがすぐにできる!!~ ただし持続性はありません・・

楽典 ~ 100まいワークを正式教材にさせていただきます!!

「指作り強化作戦を夏休みに実施しよう」と決めました!!

生徒さん必見! これでFポジションが弾きやすくなる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です