Tutti教室では、この春新一年生になった生徒さんがたくさんいました。

小学校、中学校、高校と、

こんなにたくさん新一年生が重なったのは初めてかも知れない?!

 

 

新一年生 ピアノ教室

フレッシュな表情が嬉しいですね~。

春は、いろいろな面で環境が変わります。

新一年生でなくとも、新しい学年、新しい教室、新しい先生、新しい友達

少なからず、みんな緊張感の中で生活しているのだと思います。

生徒さん達

学校で気を張りすぎて、疲れた状態でレッスンに来ることもあります。

そんな時は集中力がなかったり、何故だか不機嫌だったり、、、

そをな毎日だからピアノの練習があまりできていなかったりします。

でも今は、多少のことは仕方ないのかなと思っていす。

日々の生活がいっぱいいっぱいで、

小さな子供達には全てを消化することができないんです。

ここまでテキストも調子良く進んできたのに、、、

ようやく波に乗ってピアノを弾いていたのに、、、

と感じるお母さんもいらっしゃるかも知れません。

でも、これが永遠に続くわけではありません。

生活に慣れるまでの数週間~数ヶ月?です。(個人差がありますね)

本人のライフスタイルが落ち着くまで

気持ちに余裕が持てるまで、少しだけ待ってあげて下さい。

テキストもあまり進まない、ピアノも思うように弾けないかも知れないけど、

叱咤激励しながら見守りましょう。

 

グランドピアノ ピアノ教室

 

ピアノはとても繊細です。

生徒さんたちの心情を瞬時に察知します。

逆に考えれば、ピアノは生徒さんの心が現れるものです。

落ち着いた気持ち、落ち着いた姿勢で臨まなければ、いい音は響いてきません。

荒々しい音で弾き続けるより、ほんの少し立ち止まってあげることで

優しい、本来のピアノの美しい響きで練習することが大切だと思います。

もちろん、時間が長引けば別の方法を考えなければいけませんが、

まだもう少し待ってあげたいなと思っています。

 

熊本市では、ゴールデンウィークが明けたら

「運動会」「体育大会」の練習が始まります。

暑さと疲れから体調を崩す生徒さんも出てきます。

大人が余裕を持って待ってあげることが必要な時期ですね!

家での練習も、ピアノレッスン時間も穏やかに、

冷静に取り組めたほうがより素敵な音楽になりますからね。

まずは、今の生活にペースを慣らして頂きたいなと考えております。

音楽的な要求は生徒さんの様子を見ながら、

そして音楽に取り組む気持ちや姿勢については少しずつ、

ベストな状態に向けてアドバイスしていきたいと思います。

いつも同じペースで進んでいけることが理想ではありますが

子供たちは生身の人間、、体調の良い時も悪い時もある!!

精神的に落ち着いている時期もあれば、不安定なときもある!!

生徒さんの状態を見ながら、臨機応変に対応していきたいです。

慌てなくても、ピアノも音楽も逃げてはいきません。

いつまでも音楽が大好きで、ピアノを弾くことが楽しみでいられるように

生徒さんの状態に合わせながらレッスンを進めさせていただきますね。

保護者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 

▶︎難しいリズムはこの方法で乗り切ろう!!

▶︎ピアノレッスンで使うテキストに「進度の基準」ってあるんですか?

▶︎これを弾けば、ピアノを弾くための確実な指が育ちます!!弾いてる?

▶︎「バイエルは良くないって聞きました」・・誰から??

▶︎全クリしよう!! 100まいワーク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です