皆さん、季節の曲を聴いたり弾いたりしていますか?

四季にちなんだ素敵な曲がたくさんありますよね!

ピアノを持ち、弾く技量もあるのだから

お家で是非、季節の曲を弾いたり、歌ったりしていただきたいなと思います。

 

 

季節の曲

Tuttiピアノ教室に通っていただいている大人の生徒さんは

練習曲に必ず「季節の曲」を入れている方もいらっしゃいます。

曲に触れることで、それを聴いていた懐かしい時にタイムスリップできるんです。

(以前、お話したことがありますね)

一生懸命弾くピアノを弾いている、その表情はとても穏やかで優しいです。

演奏が終わると必ず

「難しい、、でも楽しい~」と言われますよ。

お家でも、毎日必ず季節の曲を弾かれるそうです。

ピアノを弾くことが楽しくて仕方がないともおっしゃっていました。

とても素敵なエピソードですよね!

 

季節の曲って、童謡にもたくさんありますね。

季節の曲

チューリップ、こいのぼり、かたつむり、たなばた、ほたるこい

赤とんぼ、どんぐりころころ、お正月・・・

あー、挙げればキリがない!!

 

生徒の皆さん、いえ、

ピアノを練習している全国の皆さん!!

季節に関する曲をお家でも是非、弾いて欲しい。

そして、家族の皆さんに聴かせてあげて欲しいなー。

季節の曲(童謡)をおすすめする理由。

アルファ波(α波)を誘発するからですよ!!

 
 

「アルファ波」って聞いたことはあるけど一体なに?

アルファ波とは、私たちの脳をリラックスさせて

かつ脳機能を高めてくれる相乗効果を発揮させてくれるもの。

心もカラダもリラックスした時に、脳がアルファ波になるんですよ!

要するに、皆さんが季節の曲を弾いたり歌ったりすることで

家族みんながリラックスできるんです。

アルファ波

リラックスできるだけではなく、やる気を起こしたり、集中力をつけたりします。 

皆さんのピアノで、家族みんなを活気づけることができるんですよ。

季節の曲(童謡)だけではなく

音楽そのものがアルファ波を誘発させると言われてます。

 

例えば!!

クラシック音楽を聞くと眠くなる人っていますよね?

これはアルファ波で心もカラダもリラックスするからなんです。

心地よくなるんですよね。

決して夜ふかししたからではないんですよ。笑

季節の曲だけではなく、音楽全て(もちろんみんなのピアノ演奏も)が

体や脳をリラックスさせ、心地よくしてくれるってことです。

その上「やる気」まで湧いてくるのなら

家族の皆さんに聴かせてあげて欲しいなーと思います。

季節の曲や童謡、クラシック音楽が「脳にいい」と言われるのはこういう理由からです。

 

ピアノ練習曲だと、まだまだ思うように弾けず

イライラしていることがあるかも知れない。

でも、季節の曲や童謡は、小さい頃から聞いたり歌ったりしてきているので

家族に聴かせるにはとても良いと思いますよ!

 

春休み。

時間に余裕のある今がチャンスですよ!

学校の教科書にのっている曲でもいいんです。

難易度の問題ではなく、気持ち良く弾けるか?が大事。

それには、教科書の曲は最適だっ思います。

季節の曲弾いてみたよー。

童謡をみんなで歌ったよー。

パパとママがとーっても喜んでくれたよー。

などのご報告、楽しみにしています!

 
 

調号を忘れたら、へんてこりんな音楽になっちゃうよ!!

レパートリーを止まらずに弾く方法 ~ 音楽は流れています!!

乳幼児さんのための、新しいピアノレッスン法

ピアノの真ん中はとっても大事 ~ ツムツムミニーバージョンで覚える!!

演奏の違いがわかりますか?パーティーCになると、このようなお勉強もします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です