レッスンが始まると、生徒さんたちが初めに弾くのは指トレーニング。

あがりましょう・さがりましょう / ぶんぶんぶん / いとまきのうた など。

決して難しい曲ではありません!

 

icon_covered_button01_064-min指のトレーニング

私がレッスンに通っていた頃のトレーニングといえば

ハノン!!

hanon03-min

お母さんたちは、ご存じかも知れませんね。

最初の一小節がモチーフとなり、2オクターブにわたり

二度ずつ上がり、下がってくるというもの、、、

hanon01-min
↑こんな感じです。

 

確かに、これを毎日弾けば指も強くなるし、スピードにも対応できます!

私はハノンが嫌いではなかったので、あまり苦になりませんてしたが

なかには・・

「ハノン、大嫌いだった」というピアノ学習者も少なくありません。

 

その理由として考えられるのは

一曲(? 曲と言うの?)が長いこと
2オクターブに上下行ですからね!

一音読みをすると読むだけで時間がかかる
模様読み(音程で読むこと)がマスターできていないて、譜読みだけで大変!

単調である
指のトレーニングとして考えれば当然なのですが、、、

などでしょう。

指のトレーニングであるため、弾いて楽しさを感じるものではないですよね~。

でも、長さがある分

真面目に取り組めば、確実にチカラになるものでした。

 
 

icon_covered_button01_064-minピアノ曲を弾くために

現在、Tuttiピアノ教室で行なっている指のトレーニングは

最初にお話したように、子供にも大人にも馴染みのある曲ばかりです。

あがりましょう・さがりましょうに限り

ポジションを覚えてもらうためのものになっています。
(ここを通過しなければ、曲に入れません)

単調で長いものではなく、皆が知っている曲をたくさんのポジションで弾こう!

ということからなんですですよ。

hanon02-min

知っている曲であれば、譜読みに苦労することもないし

楽しんで弾くことができる! 

毎日楽しく、たくさん弾くことでテクニックを習得していけるのです。

ここ(毎日弾く)がポイント

そう、毎日弾いて効果があるものなんです。

テクニックを身につける

ピアノを弾くためのテクニックは、毎日の基礎練習によって

より確実なものになります。

スポーツも同じですね!

毎日、毎日、自主トレーニングに取り組むことで、必要な筋肉を鍛えたり

腕のチカラをつけたり、丈夫な足を作ったりします。

その自主トレが、ピアノでいうテクニック練習

皆さんがやっているぶんぶんぶんになります。

やればやるほど、指先がしっかりして、スピードもつき

動く指ができるはずなのですが、、、

? ? ?

明らかに弾いてないよね?ということが度々あります。

ピアノを弾くフォームを見れば、どのくらいトレーニング曲を弾いているのか

わかるんですよ! (ばれてる?!)

この練習がしっかりとできていれば、テキストの曲を弾くことに

苦労しないはずなのです。

何度弾いても、指がよく動かないなぁ

何度弾いても良く感じられない

間違えずに弾くこどができない、、、

という場合は、このトレーニングが足りていないことがほとんどです

クリスマスチャレンジが思うように進まなかった生徒さんは

この練習をしっかりやれば次はクリアできますよ!

宿題になった曲だけでなく、レッスンで毎回やっていることをお家で練習すれば

今よりずっと早く弾けるようになります。

騙された、、、と思いながら試してみて下さい!!

嘘のように、楽に弾けるようになりますよ。

 
 

ic_mini01_sankaku08ソナチネを弾くときに必要なこと!!

ic_mini01_sankaku08春休み課題になっていた音楽鑑賞ってなんのためにするの?

ic_mini01_sankaku08連弾セカンドパートに初挑戦・この理由がとても素敵なんです!

ic_mini01_sankaku08ピアノ教室で、そんな体験がたくさんできますように!!

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

3 thoughts on “これを弾けば、ピアノを弾くための確実な指が育ちます!!弾いてる?

  1. Pingback: ピアノは意欲を持って取り組むことも学ぶことができる習い事だと思います!! | 熊本市東区のピアノ教室~ Tutti♪~

  2. Pingback: ピアノの真ん中はとっても大事 〜 ツムツムミニーバージョンで覚える!! | 熊本市東区のピアノ教室~ Tutti♪~

  3. Pingback: ピアノの練習をしているのに成果が表れないのはなぜだろう? | 熊本市東区のピアノ教室~ Tutti♪~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です