Tuttiピアノ教室では、コード(和音)学習にも取り組んでいます。

コードを覚えることで、曲作りの幅も広がります。

 

icon_covered_button01_064-min曲作り

パーティーをお勉強している段階で、両手で弾く曲を作るのは大変!

じーっくりと、そこに時間を費やせば出来ないことではありませんが

まだまだ色んなことを学んでいる最中なので

じーっくりと時間を費やすことは難しいのです。

でも!!

コードが理解できれば、話は別です。

パーティーの生徒さんが知っているコードでも素敵な曲ができます。

実際に生徒さんが作った曲を聴いて下さい。

この曲に使われているコードは

F. B. C」の3つ!

可愛らしい曲ができてますよね!

メロディーが作れるようになったら、このようにコードで伴奏をつけることが可能ですよ

 

 

icon_covered_button01_064-minパーティーDになると

abc-min

メジャーコード(明るい響きの和音) 12

マイナーコード(寂しい響きの和音) 12

合わせて、24個のコードが使えるようになります。

24個の和音を知っていれば、かなり表情豊かな曲が作れます!

ic_mini01_sankaku14和音ってなあに?

 

自分が曲を作ることで和音の響きや使い方を覚えることができるので

実際に曲を作ってみることは

音楽性を広げるためのとても有効な方法だと考えています。

知識としてコード(和音)を知っていても

レパートリーを弾いていて気づいてないことって意外と多いんですよ。

強制ではありませんが、希望者にはどんどん作ってもらっています。

短い曲をたくさん!

 

 

icon_covered_button01_064-min多方面からの音楽

音楽の勉強って、いろんな方法があると思います。

・音楽、演奏に関する知識を学ぶ

・たくさんの音楽を聴く

・コンサートやミュージカル、演劇などを観る

・様々な経験を通して、いろんな思いを感じる

・自分の感情をアウトプットする

全てが「自分の音楽」を育てていくものだと思います。

「ピアノを弾く」ために、ピアノを弾くだけではなく

コード(和音)を学んだり、曲を作ったり、楽譜に書いてある楽語の意味を知ったり、

音楽全般のお約束ごとを知ったりすることもまた

「ピアノで表現する」ことに繋がっていきます。

音楽を学ぶ者として、、、

みなさんが素敵な表現者に成長してくれたらいいなと願います!!

私もまた、生徒さんたちと一緒に

いろんなことを知り、いろんなことを学び

たくさんの「観る」を体験して、もっともっと豊かな表現ができるように

成長していきたいなと思っています。

Tuttiピアノ教室の生徒さん・みんなで一緒に成長しよう!!

 

 

ic_mini01_sankaku14ママも釘付け、私も釘付けの顔って。。。

ic_mini01_sankaku14夏休み・ピアノ以外の楽器に触れるいいチャンス!!

ic_mini01_sankaku14聴いて下さい!! Tutti教室の生徒さんから熊本の皆さんへの応援ソング

ic_mini01_sankaku14ピアノレッスンが子育てそのもの? どういうことですか!

 
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です