ピアノの上達に”親子バトル”はつきもの・・・と、私は思っています。
皆さん、どう思いますか??

onp-min生徒さんの想い

年中さんから、ピアノレッスンを始めた生徒さん
もうすぐ小学校を卒業する年齢になりました
はやいな・・(´;ω;`)ウゥゥ

今は、レッスンに一人で来ているのですが
非常に可愛いもので、毎週ママとの練習バトルについて
(なぜか?)報告してくれるのです。

その内容の大半をまとめると。。
○ママから文句ばかり言われる
○言われたことをしたら、また文句を言われる
○自分の意見を言い返したら怒られる
○終いには叩かれるが、それをよけたら更に怒られた

こんな感じかな(笑)
光景が想像できすぎておかしいのですが、、、
皆さんにも経験があるだろうと思いますよ!!

okoru-min

生徒さんの主張

○気持ち良く練習したいから黙っていて欲しい
○文句言われると、やる気をなくす

うんうん、この気持ちもわかる!!

 

onp-minママの想い

部活をしながら、ただでさえ足りない時間
せっかく練習をするのだから、時間を有効に使いたい
(この意見には大賛成!)

注意されたこと、普段から気をつけなければいけないこと
たくさんあるはずなのに、何も気をつけずダラダラと弾いているだけ。。
その姿を見ていると、腹が立ってついつい口を出してしまうのだそう。。

今、反抗期なんです・・とおっやっていました。

うんうん、この気持ちもわかる!!
(私はどちらも経験しています・笑)

生徒さんに質問しました!!

お母さんはどうして文句を言うのかな?
○○ちゃんが何にもしていないのに、ほんとに文句言われたのかな?

本人、黙る。

ピアノを下手にさせようと思っているお母さんはいないよ!
きっと、○○ちゃんにも何か原因があったんじゃないかな?

本人、軽くうなづく。

お仕事もして、お家のこともして、お母さんも大変なのに
練習に付き合ってくれるなんて、先生は素晴らしいママだと思ってるよ
○○ちゃんが大切だから、鬼になって注意してくれるんだと思うよ

本人、またうなづく。

もし、注意されたこと(文句言われたこと)に疑問を感じたら
「ママ、もう一度やってみるね!」
「もう一回、聴いてみてね!」
って言える??

それでも、文句言われたなら、レッスンで先生と一緒に見直そうよ!
納得ができなかったことを「ママ、先生に聴いてくるね!」って言おう!

できる??

笑顔で「うん」と答えてくれました。

しかし、バトルは続いているようです。
親も子も、ついつい・・なんですよ!
家族だから、親子だから、遠慮せずに出せる思いや行動なんですね。

それでも、粘り強く練習しています(バトルしながらねっ・笑)

 

onp-minピアノ演奏はどうなってる?

確実に成長してますよ!
本人的には、やらされてる感があるかも知れませんが
バトルしながらも練習したことで、テクニックが育っています。

バスティンメソード以外の「エチュード(練習曲集)」なども
弾けるようになり、指も随分と動くようになりました。

表現しようという気持ちを強く持っている生徒さんなので
その気持ちとテクニックが結びつこうとしているところです。

エチュードを弾く我が子の姿に、お母さんは心から喜んでくれています。
その嬉しい気持ちを言葉にして下さるので
生徒さんにも気持ちがしっかりと伝わっています。

親の気持ちは、親になってわかるものです!!
結果として音楽に現れていることが何よりですね。
それぞれに、家庭ではこうしたバトルがあると思います。
これは、ピアノに限ったことではありません。
教育とはそういうものですよね?

いつもニコニコ・楽々で練習できるのなら
みんながプロ・ピアニストや学者さんになっています。
スポーツだって同じこと!!

親子で必死になるからこそ、上達するものだと思っています。
バトルがあって、当然だと思っています。

でも、たくさん頑張った後には
必ず、言葉や態度に出して子供をほめてあげて下さいね
”このプロセスが大事なんだよ”と教えてあげて下さいね

私は、”上達にバトルはつきもの”だと思っています!!

 
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

One thought on “ピアノの上達に”親子バトル”はつきもの!!

  1. Pingback: ピアノ学習者とオリンピック選手に共通するもの | 熊本市東区のピアノ教室~ Tutti♪~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です