Tuttiピアノ教室では、レッスンノートの記録を実践しています。
本人の成長記録・保護者との連絡・忘れ物防止などの目的からです。
レッスンノートには付録として、ちょっとした課題などもあります!!

レッスンノート・夏休み課題

「作曲家について調べよう」が夏休みの課題になっていました。
皆さん、終わりましたか?
(今年は、熊本の夏休み短かったね)

最後に読ませてもらった課題はこちら!
sakkyokuka-min

”チューリップの作曲家について調べたい”ということ
幼稚園・年中さんらしく、かわいらしい選曲です。

この曲はボランティアコンサートのプログラムにも入っています。
みんなで歌って、色とりどりのチューリップを施設の皆さまにプレゼントする予定
それもあって、本人の思い入れも強かったのでしょうね

こうして記録することで後々、記録内容のエピソードを鮮明に思い出すことができます。
幼かった当時の気持ち、行動、まわりの人達、何よりも思いを込めた演奏曲
一度に走馬灯のように駆け巡ります(実体験をもとにお話しております・笑)

生徒さんの音楽人生に可愛い花を添えることができるでしょう
文書でも、画像でも記録することって大切だなと感じています!!

 

レッスンノート・夏休み課題の補足

チューリップという曲は誰もがよく知っている曲ですが
誰が作ったのか??というのは、あまり知られていないと思います。

467201-min

そこで!!
補足として、私も調べてみました

mini-min

◎井上武氏さん(1984.8.6~1974.11.8)

もちろん日本の偉大な作曲家であり、東京音楽大学の教授でいらっしゃいました

唱歌や童謡をたくさん作曲しています
その作品の数は驚くほどで、皆さんの知っている曲もたくさんありますよ

こいのぼり・汽車ポッポ・うみ・ぞうさん・ゆきだるま・おつきさま・うぐいすetc…

「へーー、そうなんだ」という作品があるでしょう?
皆さんが知っているだろうと思われる曲だけをピックアップしましたが、まだまだたくさんあります。

台湾総督府付属女学校教諭として台湾に赴任した後、洗足音楽短期大学でも教鞭をとる。
井上先生は学校の校歌作曲もたくさん行っています。
ざっと数えただけで”57校”はあります!!

どうですか?
これまで何気に歌ってきた”チューリップ”を作曲された方は偉大ですね
これを知ると、歌に対する思いに変化があり、思い入れも強くなるでしょう!
知っていると知らないとでは、演奏が変わってきますよね?

これはピアノ曲についても同じことです。
だから、レッスンノートにこの課題を入れました。
ほんとは、もっともっとたくさん調べてもらいたいなぁ~というのが本音です。

ちなみに!!
チューリップ、作詞は井上先生ではありません。
詩は近藤宮子さんが書かれたものです。
次は、作詞家について調べてみるのもいいですね。

必ず「へえーーー」という発見、感動があったりして調べるのって面白いですよ!

 

ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です