夏休みももうすぐ終わります。
熊本地震により、熊本の小中学校ではいつもより夏休みが短くなっています。
日中はまだまだ気温が高いため、学校開始も少々不安ですね。。

 

 

ボランティアコンサートに向けて

Tutti教室では
9月3日に予定されている”ボランティアコンサート”に向けての練習が始まっています。

こちらも合わせてお読み下さい
⇒慰問コンサート開催のお知らせです!!

 

中学生以上の生徒さんはテスト前ということもあり、参加が難しく
前回とはガラリとメンバーが変わり、また楽しく練習させていただいてます。

合同練習でお友達みんなで揃うと、一人一人の成長がほんとによく見えます。
前回最年少だった生徒さんが、小さいお友達のお世話をしたり、、
次の行動に移る際、テキパキと自ら行動できたり、、
音楽的な内容もしっかりと理解できていて注意することもないくらいに!!

「コンサートをする」ということも大切なこと
でも、生徒さんの成長がこうしたイベントで大きく見えることも
私にとってはとても大切なことです。嬉しいことです。

このようなイベントをすることで、小さな世代へと受け継がれていく絆が嬉しい!!

 

ボランティアコンサートでは、「うたう」ことが主なプログラムになります。
楽器がないことも理由ですが、高齢者のなかには”楽器の音”が苦手な方もいらっしゃいます。
uta-min
凄まじい音となって、耳に響くのだそうです。
これは、体験してわかったこと!!
どんなに美しい音色でも、全ての人が同じ響きに聴こえるわけではない
ということを、身を持って体験しました。

凄まじい響きに耳を塞がなければいけない状態になってはコンサートの意味がなくなる!
これまでにはない学びだったので、体験させてもらえたことに感謝しています。

 

ピアノで培った表現力を活かす

ピアノがなければ音楽ができない?
ピアノがなければコンサートができない?

そんなことはありません。
音楽って、自分の想いや言葉を「音」にのせて表現すること
「音」が、ピアノだったり、フルートだったり、バイオリンだったり、
「うた」だったりするわけです!

ボランティアコンサートでは、「うた」で音楽を楽しみます!!
ピアノのレッスンで培った表現力が最大限に活かされますね~

「響き~」「顔~」「からだ~」と常に意識させられている子供たち
とても表情豊かに楽しんでくれています。
当日、緊張してこれが消えてしまわないようにお願いねっっ!

もうしばらく練習が続きます。
みんなで息を合わせ、自分たちも聴いて下さる方も楽しめるコンサートにしましょう

 

 

ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です