テキストがパーティーDまで進むと。。
「△ちょうちょう」のように調を書き入れるお勉強があります

これを見た瞬間、生徒さんたちが思わず口にする言葉

なに、これ?? w( ̄▽ ̄;)w 謎。

 

そうだよねー。

言い方が変わるとわからないのは当然です

でも、実はずーーーっと前から知っていることなんだよ

 

「ちょうちょう」というのは「メジャー」のこと!

日本語と英語なんです

これまで、みんなはCメジャー・Gメジャー・Fメジャーという言い方をしていますねっ。

ABCDEFG(英語)
ドレミファソラシド(イタリア語)
日本語では、イロハニホヘトとなります

doremi-min

このお話をすると、大抵の生徒さんが「えぇーーーーっ」とびっくりした顔をします

このリアクションを見るのが、私の楽しみなんですよ・笑

 

なので。。。

Cメジャーは日本語に言い換えると「ハちょうちょう」になります

Gメジャーは「トちょうちょう」になります

 

パーティーDになると

音楽をする上で、ピアノを弾く上で、どちらも知っていると便利ですよ

ということでこの日本音名のお勉強が出てくるのです

うーーん、かなり高度ですね~~~!

カード類を使って、遊び感覚で学んできたことって

実は、、とーっても重要な深い内容だったんですよ。。

パーティーDに入ると、それらの謎が解けます!!

 

慣れるまではちょっと大変かも知れないけど

学校の音楽では「△ちょうちょう」が出てくるので絶対覚えておいた方がいい

頑張って、ここで一気に覚えちゃおうね!!

 

「ちょうってなあに?」という方はこちらの記事をお読みください
パパやママも音楽の時間に聞いた言葉、、覚えるコツがあります

 

ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です