”赤いスイトピー”という曲を知っていますか?
今でも子供たちにカラオケなどでは歌われているようですが
これはママたちへの話題になるかも、、、笑

 

 

赤いスイトピー

といえば、あの有名な松田聖子さんの大ヒット曲ですね

女の子の淡い恋心をうたった曲です

歌詞に入りきって泣いている姿も見たなーーー。

キュートなルックスとミルキーボイスは当時の女の子の心を

つかんで放さなかった

私もその昔、、、はまってましたよ

聖子ちゃんは私の青春そのもの!!
(年齢ばれちゃうけど、いいか。。ヾ(;´▽`A“ )

映像古いけど、こんな曲だよ!

 

はい。
話をピアノレッスンに戻します

 

現在、大人の生徒さんでまさに”赤いスイトピー”を弾かれている方がいます

やはり、当時を思い出しながら、、ってことでしょうか?

↑の動画でもう一度イントロをお聴きください

tai-compressor

↑このようなリズムで始まっています

 

私たち、音楽をするものにとってどうってことないシンコペーションのリズム

でも、初めての経験では理屈だけではわかりにくいリズムなのです

加えて、タイがついています

タイがつくことで、シンコペーション始めの八分音符が待てなくなるという事実

 

先生、何度やってもわかりません。。。ピンとこなくて。。。

と何度も、何度も首をかしげながら弾かれる生徒さん!!

ちょっと待ったーーーーー!!!

やみくもに弾いてもだめですよ

わかりやすい方法があります

頭で考えてもわからないリズムにはこれ
⇒難しいリズムはこの方法で乗り切ろう!!

 

生徒さんに質問しました

「○○さんの大好きな食べ物は何ですか?」

「スィーツです!!」

さーすが女性のご返答・笑

そこで、先ほどのリズムに

わたしのスィーツ

という言葉を付けたのです

タイでつながっている音に「スィーツ」の「ス」がきます

この「ス」がくることでタイの音を待つことができるんですね!

タイが待てるようになれば、このリズムが生きてきます

 

わたしのスィーツ
わたしのスィーツ
わたしのスィーツ
ララララ~♪

 

あっという間にイントロ部分が弾けるようになりました

ん??? ちょっと難しいな。。。

と思うフレーズや曲でも、簡単に楽しく弾けちゃう方法があるのです

これは、私たちが経験の中から培ってきた方法でもあります

レッスンではこのような秘伝の方法をこっそりとお伝えさせていただいております

「全くの初心者だから、、、、、」なんて思う必要ありませんよ

申し訳ないなんて、とんでもない話です

楽しく、わかりやすく、音楽を楽しみましょう!!

⇒大人・初心者ピアノコース

 

 

ぽちっとクリックおねがいします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です